翻訳料金の算出方法

・「翻訳料金=原稿の文字数 x 単価」
翻訳の料金は、原則として「原稿の文字数x 単価」で計算します。

「A4サイズ2枚の原稿では、翻訳料金はいくらですか?」と尋ねられても、そこに含まれている文字数がわからないと、料金の計算はできません。
ワードファイルの原稿であれば、ワードに備わっている「自動カウント機能」で即座に原稿の文字数を知ることができます。また、エクセルやパワーポイントの原稿は、テキストをワードファイルにコピーしてワードの自動カウント機能を使うか、または、文字数を数えるソフトウェアを使って、自動で文字数を数えることができます。ワード、エクセル、パワーポイントなどの原稿をお持ちの場合は、お見積の前に、上記の方法でまず文字数を把握し、単価表で調べた単価を掛けて計算しておけば、おおよその料金を予想することができるでしょう。

・外国語原稿は、文字数ではなく単語数
上記の計算式(文字数ベース)は、原稿が日本語、中国語、韓国語などの場合に適用します。
原稿が、英語、フランス語、ドイツ語等のヨーロッパ言語、ベトナム語、インドネシア語などの場合は、文字数ではなく「単語数」によって計算します。すなわち、「翻訳料金=原稿の単語数 x 単価」となります。

単語数も、ワードの「自動カウント機能」で数えることができます。

・原稿の文字数/単語数がわからない場合
原稿がワードやエクセルのファイルであっても、文字が「テキスト」ではなく「画像」として入っている場合は、自動カウントはできません。その場合は、弊社スタッフが手作業で文字数/単語数を数えてお見積を出します。

・訳出ベースでの料金算出をご希望の場合
従来から「訳出された文字数(単語数)」によって翻訳料金を計算されているお客様が、その方法に従うことをご希望であれば、それに合わせて対応いたします。お見積時は、原稿の文字数/単語数から翻訳後の文字数/単語数を推算し、お見積を出させていただきます。

・「レイアウト料金」について
ワード、エクセルなどのファイルで入稿され、翻訳言語をもとの言語に上書きすることが可能な場合、翻訳にかかる料金は、「文字数/単語数 x 単価」のみとなります。
これに対し、ワード、エクセルなどで入稿しても上書きできない箇所が多い場合、あるいは、テキストの上書きができないPDFファイルなどでご入稿の場合は、「翻訳料金」とは別に「レイアウト料金」を申し受けることがあります。
「レイアウト料金」は、作業の煩雑さによって幅がありますので、実際の原稿ファイルをご提供いただいたうえで、お見積金額を決定します。

料金単価

原文→訳文料金ミニマム
中国語(簡体字・繁体字)(簡体字)→日本語9.5円~/文字2500円(+税)
中国語(簡体字・繁体字)(繁体字)→日本語9.5円~/文字2500円(+税)
日本語→中国語(簡体字・繁体字)(簡体字)5円~/文字2500円(+税)
日本語→中国語(簡体字・繁体字)(繁体字)8円~/文字
3600円(+税)
日本語→中国語(簡体字・繁体字)(繁体字)3円~/文字
(簡体字の訳文からリライトする場合)
3000円(+税)
中国語(簡体字・繁体字)→他言語お問合せ
他言語→中国語(簡体字・繁体字)お問合せ

中国語(簡体字・繁体字)翻訳に関する規約

<翻訳の責任範囲>

弊社は翻訳業務委託に関し、以下の責任を負います。
・成果物の検収の結果、明らかな訳抜け、誤訳があり、かつこれが弊社の責に帰すべき事由による場合は、速やかに成果物の修正作業を無料で行います。

・弊社より提出する翻訳成果物は、貴社でチェックの上修正・編集なされることをお勧めします。この翻訳文の内容によって、検収後貴社に何らかの問題が生じても、弊社ではその責任は負いかねますのでご了承下さい。


<原稿の遅延・変更>

・元原稿の提供が遅れる場合や、作業着手後に原稿の内容に変更があった場合、お見積もり時の納品予定日と料金の変更をお願いすることがございます。


<キャンセル>

・正式ご発注後のキャンセルには応じかねますので、予めご了承下さい。